energyandpowerのブログ

エネルギー需要は増加しています。

太陽光発電市場シェアと地域予測、2024~2029年

世界の太陽光発電市場は急速に成長しており、2021 年には 1,678 億 3,000 万米ドルに達し、2029 年までに 3,738 億 4,000 万米ドルに達すると予測されています。この大幅な成長は、再生可能エネルギー源の需要の急増と世界的な電力削減への動きによって推進されています。 炭素排出量。




詳細情報を入手: https://www.fortunebusinessinsights.com/industry-reports/solar-power-market-100764




主な要因




気候変動の懸念: 地球規模の気温上昇により、化石燃料に代わって二酸化炭素排出量を最小限に抑えるために、太陽光発電などの再生可能エネルギー源への移行が促されています。




政府の取り組み: 多くの国が野心的な再生可能エネルギー目標を設定し、太陽光発電の導入を促進するために補助金を提供しています。




技術の進歩:効率の向上やコストの削減などの太陽光発電技術の発展により、太陽光発電はより魅力的な選択肢となっています。




マーケット・セグメント




太陽光発電 (PV): この主要なセグメントは、太陽光パネルを利用して太陽光を直接電気に変換します。




集中太陽光発電 (CSP): この技術は、ミラーを使用して太陽光を集中させて熱を生成し、その熱を発電に使用します。




アプリケーション




公益事業: 増大するエネルギー需要に応えるために、大規模太陽光発電所の建設が増えています。




非住宅: 企業はエネルギーコストを削減し、持続可能性を高めるために太陽光発電を導入しています。




住宅: 住宅所有者は電気代の削減の恩恵を受け、よりクリーンな環境に貢献するためにソーラーパネルを設置しています。




地域の傾向




アジア太平洋地域: 中国やインドなどの国による太陽光発電への多額の投資により、この地域は最大の市場シェアを保持すると予想されます。




北米: この地域は、クリーン エネルギーに対する前向きな見通しと政府の支援政策により、力強い成長を遂げています。




その他の地域: 中東、アフリカ、ラテンアメリカでも、化石燃料への依存を減らし、エネルギーアクセスを拡大しようとしているため、大幅な成長が見込まれています。




今後の展望




人工知能やモノのインターネット(IoT)などの新技術の統合により、太陽光発電システムの効率と費用対効果がさらに向上すると期待されています。 環境への懸念の高まりとエネルギー需要の増大により、太陽光発電市場は今後数年間拡大し続ける態勢が整っています。